【エリア別】ナイトワークにおすすめの店舗

沖縄のキャバクラの特徴・時給相場について解説!

沖縄のキャバクラは、地元女性だけでなくリゾートバイトとして県外女性からも人気がある、今注目のバイト先です。

また沖縄のキャバクラは、沖縄県内ではどのアルバイトよりも時給が高く、特に観光客が集中する松山・那覇市は沖縄他エリアのキャバクラより倍額の時給が得られることから、かなり人気が高まっています。

話題性もある沖縄のキャバクラですが、やはり働くとなると気になるのは客層や時給など、職場環境にまつわることですよね。

この記事では、沖縄のキャバクラの特徴や時給相場、客層など、気になることについてご紹介しています。

運営局

コンパクトにまとめてありますのでぜひ最後までご覧ください。

沖縄エリアのキャバクラの特徴

  • 友達感覚のノリで接客できる
  • 那覇市や松山の時給は高い
  • アットホームさ全開の店内

都内など激戦区のキャバクラは、キャバ嬢同士やお店の間で常に競争していたり、接待などでも使われるため礼儀正しい接客・レベルの高い気遣いなどが求められる傾向があります。

しかしリゾート地である沖縄のキャバクラには、ご来店されるお客様にビジネスマンが少ないため、友達感覚の軽いノリで接客できるという魅力的な特徴があります。

沖縄の中でも観光客が多く集まるのは松山や那覇市で、松山や那覇市のキャバクラでは沖縄他エリアよりも高い時給が支払われます。

とはいえ、全体的にアットホームな雰囲気を全開にしたおおらかなキャバクラが多いのも沖縄のキャバクラの特徴です。

沖縄のキャバクラでは、激戦区の他エリアでは通常VIPルームにしかないカラオケがメインルームにあったり、1人が歌うとフロアにいる全員が拍手や合いの手で答えたりなど、スナックのような一体感を大切にしています。

客層

  • 地元の友達同士
  • 県外からの観光客

沖縄のキャバクラに訪れる客層は、沖縄が地元の友達同士か、県外からの観光客に二分されます。

友達同士で沖縄のキャバクラに訪れる場合は、とにかく場を盛り上げてお客様を立てていれば問題はなく、キャバクラの中でも比較的簡単なお仕事と言えます。

観光客が沖縄のキャバクラに訪れる場合、地元キャバ嬢しか知らない穴場スポットや安い飲食店の情報を聞きたくてご来店されている場合もあるので、沖縄が地元のキャバ嬢はもちろん、県外から出稼ぎに来たキャバ嬢も、周辺を飲み歩くなどしてある程度リサーチしておくと良いでしょう。

とはいえどちらのお客様も、沖縄のキャバクラに「友達同士の飲み会の延長」として飲みにいらっしゃっているのは変わりないので、身構える必要はありません。

働きやすさ

  • ズバリ!働きやすい
  • ノルマや罰金がない
  • 寮も完備されている

沖縄のキャバクラは、結論から申し上げますとズバリ、非常に働きやすいです。

沖縄のキャバクラは全国でも1番店舗数が多いと言われていますが、ノルマや罰金のない店舗が多く、募集要項に記載されている時給の額面がそのまま受け取れる店舗が大半です。

そのため、天引きが多い激戦区エリアのキャバクラより、沖縄のキャバクラの方が効率的に、短期間で稼げるともいえます。

また、県外から働きに来る方や移住してくる方も歓迎しているため、ほとんどのキャバクラで寮を完備しています。

引越し費用も負担してくれる沖縄のキャバクラも多いため、沖縄で暮らしてみたい、観光のついでにお金を稼ぎたい、と考えている女性は、沖縄のキャバクラに用意されている寮へ住みながら働くのがおすすめです。

キャストの傾向

  • ギャル系が好まれる
  • ラフで人懐っこい
  • ヘアメイクは自分で

沖縄のキャバクラでは、他エリアの高級クラブなどでは敬遠されがちなギャル系の女性が大変好まれる傾向にあります。

他エリアで伸び悩んだギャル系の女性でも、沖縄のキャバクラでは大活躍ということも珍しくありません。

沖縄のキャバ嬢は接客やスタッフへの関わり方もラフで人懐っこい女性が多いため、職場環境としてもかなり居心地が良いと言えるでしょう。

加えて沖縄のキャバクラでは、ヘアメイクをキャバ嬢それぞれに任せているキャバクラが多いのも特徴で、自然なヘアスタイルが魅力のキャバ嬢が多い穂か、通常はお給料から天引きされるヘアメイク代を浮かせることができると、主に県外のキャバ嬢から人気があります。

待遇

  • 基本的に寮完備
  • 交通費全額支給
  • ノルマ、罰金なし

沖縄のキャバクラは、前述した通り県外から稼ぎに来る女性を歓迎しているので、基本的に寮を完備しています。

寮といっても家具家電付きの個室マンションか、ルームシェアタイプの大部屋かで分けられますので、プライバシーを大切にしたい方は注意が必要です。

また、沖縄という立地上、台風などの自然災害で停電が起こることも珍しくありませんので、そういったことも覚悟の上で決定することをおすすめします。

県外女性を歓迎している沖縄のキャバクラでは、移動にかかる飛行機代などの交通費を全額負担してくれるキャバクラが多いのも魅力です。

現在沖縄のキャバクラではオンライン面接に合格した後、那覇市などキャバクラのある市に渡るという流れが一般的ですが、その際の交通費が全てお店負担になっているのは非常にありがたいですよね。

さらに沖縄のキャバクラでは、リゾートバイトの方はほぼ100%ノルマ・罰金がありません。

観光もしながらお給料も稼げる沖縄のキャバクラは人気もあり、非常におすすめです。

沖縄エリアのキャバクラの時給相場

体入時給4000円
本入時給4000円

沖縄のキャバクラの時給相場は体入・本入共に4000円と、全国的にみても標準以上となっています。

沖縄のキャバクラでは、体入時給と本入時給に差がない店舗が大半ですが、バックの有無や勤務時間の長さを考えると、本入した方が明らかに多く稼げるのはいうまでもありません。

また沖縄の最低賃金は820円となっており、少なくともその4倍以上のお金を時給のみで稼ぐことができ、さらにバックもつくため計画的にお金を貯めたい方は沖縄のキャバクラで働く方が効率的です。