【エリア別】ナイトワークにおすすめの店舗

立川エリアにあるキャバクラの時給相場や客層は良い?辛口で評価します

住宅街も多くアクセスも良いことから、ファミリーや独身問わず人気の高い立川。

せっかくキャバクラで働くなら、自分の住んでいる家に近い場所で働き、徒歩で帰る方が効率的ですよね。

立川のキャバクラでこれから働きたいと考えている未経験女性の方は、特にどんな環境なのか不安であることでしょう。

この記事では、立川のキャバクラの気になる情報をまとめてご紹介しています。

立川エリアのキャバクラの特徴

引用元:tachikawa-cabaret

  • 高級キャバクラが多くハイレベル
  • 飲み方が綺麗なお客様が多い

住宅街の印象が強い立川ですが、意外にも高級キャバクラが密集しているという特徴があります。

立川のキャバクラは「大箱」と呼ばれる広々した店舗が多く、フロアの席の間隔も比較的大きめ。

また、キャバ嬢のレベルも歌舞伎町などの激戦区エリアと遜色ないルックスと接客力を持った女性が多く在籍しています。

そのため、立川のキャバクラに訪れるお客様の大半は、飲み方が上品で綺麗な方が多い傾向にあります。

ラグジュアリーな空間を乱さない紳士的なお客様と、美しくハイレベルなキャバ嬢がいるというのが立川のキャバクラの魅力的な特徴です。

お店の特徴

  • お店によって雰囲気が違う(悪い店は徹底的に悪い)
  • キャバ嬢のレベルが高い

立川のキャバクラ全体を通して見られる特徴は、お店によって質や雰囲気に大きく差があるという点です。

立川には高級キャバクラが多い傾向はあるものの、お客様やお店の質にはかなりムラがあり、質の悪い店は客層もキャバクラの運営の質も徹底的に悪い特徴があります。

しかし、立川のキャバクラではキャバ嬢のレベルは全体を通して高く、美貌はもちろん接客中の振る舞いやトークの質が非常に高い傾向があり、店の質に比べてキャバ嬢のレベルに高低差がないのも立川のキャバクラの魅力です。

客層

  • 下品な飲み方する人は少ない
  • 他エリアと比べて輩系は多い

立川のキャバクラに訪れる客層の多くは、下品な飲み方をしない紳士的なお客様です。

しかし、他エリアに比べると輩系のお客様は多く、

  • 飲み方は乱暴ではないものの風貌が怖い
  • 飲んで酔ってくると性格が変わる
  • 見るからにヤクザっぽい

など警戒しなくてはいけないタイプのお客様も多く見られます。

とはいえ、立川のキャバクラの質はほとんどお店の雰囲気に左右されるため、しっかりキャバクラを見極めれば、周辺に住むサラリーマンが来店する健全なお店で働くことができます。

働いているキャスト

  • 若い子やギャル系が多い
  • ルックスのレベルは高め

立川のキャバクラには輩系のお客様が多くご来店し、また立川自体がベッドタウンとしても評価が高いため、在籍するキャバ嬢は、

  • 地元のヤンキーあがり
  • お小遣いを稼いでいる学生
  • OLなどのWワーク

が多く見られ、時折本業のキャバ嬢が働いているという分布図になっています。

そのため、立川のキャバクラで働くキャバ嬢には、若い世代・ギャル系の在籍が多く見られ、その中に混じって素朴な女性が働いているというやや偏りのあるバランスです。

立川から激戦区である歌舞伎町に巣立っていくキャバ嬢も多いという側面が立川のキャバクラにはあり、ルックスのレベルは全体的に高いものとなっています。

立川エリアのキャバクラの時給相場

体入時給2500円~3000円
本入時給2500円~3000円

立川のキャバクラでは、体入時給と本入時給にそこまで開きがない店舗が一般的です。

立川のキャバクラでの時給相場は2500円~3000円が最も多く、キャバクラ業界全体で見ると、平均より下回る時給金額となっています。

とはいえ立川のキャバクラはお店によって大きく振れ幅があるというのは前述の通りですので、キャバクラによっては時給5000円~6000円が発生する高級キャバクラも存在しています。

立川エリアのキャバクラで働く時の注意点

  • 圧力がかかるお店は避ける
  • 北口より南口の方が稼げる

立川のキャバクラは店舗によって質がピンキリであるため、最初のキャバクラ選びを間違えると酷い目にあう、ということも珍しくありません。

特に「売り上げ・出勤シフトの強制」がある店舗も稀に存在しており、またこういった店舗はやめるときにしつこく引き止められることもあるため、気をつけておくべきと言えるでしょう。

また、立川のキャバクラは北口より南口の方がお客様が多く、稼ぎやすいという特徴もあります。

店舗やエリアによってガラリと表情が変わる立川では、キャバクラ選びをまずは慎重に行うことが大切です。

売上・出勤圧力がある店舗は避ける

立川のキャバクラでは、稀に売り上げや出勤に対して強制のような圧力をかけてくるお店も存在しています。

こういった店舗は「自由出勤」や「ノルマなし」といった謳い文句を掲げているため見極めが難しいですが、面接時に

  • 「自由出勤と言ったが、実は何日は最低でも出勤する必要がある」
  • 「ノルマなしと書いたが、それはキャバ嬢個人にかかるノルマの話で、お店全体では目標がある」

などの説明がなされることもあります。

強制や圧力をかけてくる店舗は上層部が輩系であることが多いのも特徴です。ボーイの雰囲気が少し危なそうであれば、なるべく警戒し、可能であれば避けた方が無難です。

北口よりかは南口の方が集客しやすい

立川のキャバクラでは、北口よりも南口の方が稼ぎやすいことで知られています。

なぜなら、立川駅北口は再開発されており、ファミリーやカップル向けのショッピングモールや、子育て世代に嬉しい複合型施設など「お堅い」エリアになっています。

対する南口は雑然としており、雑居ビルの中に多くの居酒屋やキャバクラが密集しているため、飲み屋街の印象が強いエリアです。

そのため、立川で飲んだ後にキャバクラに行こうという人は、わざわざ駅を跨いだ北口に向かうのではなく、同じ飲み屋街エリアの南口で済ませてしまう傾向があります。

また、そういった点からも立川駅南口のキャバ嬢は粒揃いの美人が多いことでも有名で、レベルが高く全体的に稼げるキャバクラ街となっています。