【エリア別】ナイトワークにおすすめの店舗

川越のガールズバーの時給相場や仕事内容は?キャバとどっちが稼げる?

観光地であり、住み良い街でもある川越には、おしゃれなバーや安価な居酒屋など飲み屋街も充実しています。

観光客も多く訪れる土地柄のため、川越にはキャバクラやガールズバーなどの夜のお店も多く軒を連ねています。

そんな川越のガールズバーで、楽しく効率的に稼ぎたいと考える女性は少なくないはず。

ここでは、川越にあるガールズバーの時給相場、仕事内容について解説していきます。

川越にあるガールズバーの時給相場は?

体入時給3000円〜4000円
本入時給1800円〜3000円

川越のガールズバーの時給相場は、1200円〜2000円程度が相場の一般的なガールズバーに比べ、割高に設定されています。

特に、本入と同じくらいが相場である体入時給はガールズバーの中でも高額で、最高4000円の時給を保証してくれる店舗もあります。

体入時給が高額な場合、2時間程度勤務したら上げられる、ドリンクバックがつかないなど本入より待遇に差が出る場合があります。

一方、本入時給になると1800円前後から3000円が相場となっており、川越ではガールズバーの中でも高額な時給が発生します。

おさわりや接待などが極限まで少ないカウンター越しの接客で高時給を稼ぐなら、川越のガールズバーが最も効率的でしょう。

川越にあるガールズバーの主な仕事内容

川越のガールズバーでは、以下のような仕事内容が主です。

  • お客様とカウンター越しに会話
  • お客様とドリンクを乾杯する
  • 灰皿交換、お酒づくり、洗い物

ガールズバーでは着席しての接客は認められていないため、カウンター越しに立って会話をします。

話題はお客様の最近あったことや愚痴といった一般的なものから、社会問題や人生の悩みのような複雑なことも話す場合があります。

また、ガールズバーに限らず水商売ではお客様と一緒にお酒を飲むことがあります。

川越のガールズバーでも例に漏れず、お客様にドリンクをおねだりし、一緒にお酒を乾杯することも仕事内容の1つに含まれます。

ガールズバーには「ボーイ」と呼ばれる雑務をこなす男性スタッフがいないのも特徴です。

灰皿交換やお客様のお酒づくり、お客様が帰られた後の洗い物や閉店時の掃除など、あらゆる雑務をこなすのも川越のガールズバーに勤めるキャスト女性のお仕事です。

川越のガールズバーとキャバで稼げるのはどっち

川越のガールズバーは、一般的なガールズバーよりも稼げることがわかりました。

しかし、「水商売で稼ぐ」というとキャバクラのイメージが強いのも否めません。川越では、キャバクラとガールズバーどちらの方がしっかり稼ぐことができるのでしょうか?

時給相場の差

川越のキャバクラの時給相場3000円〜4500円
川越のガールズバーの時給相場1800円〜3000円

川越のガールズバーでの時給は最高額でも3000円と、ガールズバーの中では高いものの水商売の中ではやや低め。

一方、川越キャバクラでの時給は最低保証額が、3000円以上となっており、隣に座る、タバコに火をつけるなどの接待があり負担が多い分、高額な時給設定となっています。

川越でもガールズバーより稼げるのがキャバクラであることは間違いありません。

各種バックの差

川越のガールズバーのバックには以下のようなものがあります。

  1. ドリンクバック
  2. チェキバック

川越のガールズバーでは、お客様からドリンクをいただいた時に発生する「ドリンクバック」や、お客様とポラロイド写真を撮影した時の「チェキバック」が付与される場合が多いです。

指名や同伴といったシステムを採用していない、もしくはキャスト同士の争いの元となるため禁止しているガールズバーも多く、お客様の中に「推し」がいても売り上げに繋がりにくいという一面があります。

川越のキャバクラのバックには以下のようなものがあります。

  1. 同伴バック
  2. ボトルバック

川越のキャバクラにはドリンクバックなどの他に、お客様を連れて出勤する「同伴」に対するバックや、シャンパンやワインなどを入れてくれた時につく「ボトルバック」が基本として付与されます。

ガールズバーと違い指名や売上で順位がつけられているキャバクラでは、売り上げにつながること全てにバックがつけられているため、上を目指しがっつり稼ぎたいという女性には向いている環境といえるでしょう。

バックの種類や時給の差などを見ると、川越ではガールズバーよりキャバクラの方が効率的に稼げると言い切ることができます。