flow-thinflow
多摩川のAYU

ARTIST


南川憲二/ディレクター
荒神明香/アーティスト

個々のクリエイティビティを特性化し、連携を重視するチーム型芸術活動。中心メンバーは、アーティストの荒神明香、ディレクターの南川憲二、制作統括の増井宏文の3名。これに加えインストーラーなど様々なクリエイターとの共同作業により作品を実現させている。果てしなく不確かな現実世界が実感に引き寄せられるような体験を作品として展開する。主な作品として、2014年「たよりない現実、この世界の在りか」(資生堂ギャラリー、東京)、2014年「おじさんの顔が空に浮かぶ日」(宇都宮美術館 館外プロジェクト、宇都宮)2015年 「東京アートミーティングⅥ “TOKYO” – 見えない都市を見せる」(東京都現代美術館)などがある。2016年は、瀬戸内国際芸術祭、さいたまトリエンナーレに向けて制作中。


PROGRAM